フジテレビ「バイキング」今晩すぐ作れる健康みそ汁ベスト3・3月28日放送

投稿者: | 2016年3月28日

3月28日放送「バイキング」のメモ
○ひるたつ
今晩すぐ作れる!健康みそ汁ベスト3
冷蔵庫の余り物で栄養満点レシピ

スポンサーリンク

管理栄養士・足立香代子先生
栄養のスペシャリスト
 

都道府県別 平均寿命(厚生労働省調べ)
男/女
1位 長野 80.88歳/長野 87.18歳
2位 滋賀 80.58歳/島根 87.07歳
3位 福井 80.47歳/沖縄 87.02歳

みその年間消費ランキング(1世帯あたり)
1位 長野市 8435g
2位 盛岡市 8239g
3位 秋田市 7954g
全国平均 5912g(総務省統計局調べ)


◇隠し味ににんじんジュース!最強長寿みそ汁

抗酸化力抜群!最強長寿みそ汁

①火にかける前の水に煮干を入れ熱する(出汁をとった後も取り出さずそのまま食べる)
煮干し…食べるとカルシウムを摂れる→丈夫な骨を保つ
②ブロッコリーを入れる
ブロッコリー…ビタミンCがレモンの約2倍→血管・歯・軟骨を正常に スルフォラファン→がん予防に効果が期待
③にんじんジュースを入れる
にんじんジュース…βカロテン→強い抗酸化力で健康効果が期待 すりおろすより楽にたくさん摂取できる
出汁:にんじんジュース=ほぼ1:1
※にんじんベースの野菜ジュースでも可
④味噌をとく
⑤お碗によそい 生卵を入れる
生卵…必須アミノ酸→免疫力を上げる ビタミンBが失われない→疲労回復や代謝UPに期待
⑥焼きのりをラーメンのように添える ⇒完成
焼きのり…葉酸→認知症予防に必要な栄養素 のりの中でも葉酸が一番多い


みその良さ
◎大豆イソフラボン
エストロゲン(女性ホルモン)と似た働き
→ 女性の美しさや若々しさを助ける 骨粗しょう症予防効果が期待


◇カンタン!丸ごとトマトを入れるだけ!-5歳肌みそ汁

①沸騰したお湯にカツオ節をひとつまみ入れる
カツオ節…必須アミノ酸9種類を全て含む アミノ酸は肌の細胞を作る原料→美肌に効果的!そのまま食べるとさらにアミノ酸を摂取できる
②ヘタを取り 栄養素が出やすいよう十字に切り込みを入れたトマトを丸ごと入れ 皮ごと茹でる
トマト…リコピンが多く抗酸化力がとても強力 抗酸化力はビタミンEの約100倍 加熱するとリコピンの吸収力が約3倍に!
③輪切りにしたオクラを加える
オクラ…食物繊維が豊富 腸内環境を整え体・肌も若返らせる
④白みそをとく
赤みそ…塩分約10% に対し 白みそ…塩分約5%
⑤輪切りにしたレモンを食べる直前に入れる ⇒完成
レモン…ビタミンC→メラニン色素を抑制=シミ予防・改善 加熱すると栄養素が壊れる→食べる直前に


-5歳肌みそ汁の材料+成分
トマト…リコピン
オクラ…食物繊維
レモン…ビタミンC
カツオ節…必須アミノ酸
トマトは二日酔い対策にも

赤みそ…熟成期間:半年~1年以上 塩分約10%
白みそ…熟成期間:1週間~数か月 塩分約5%

みその保存方法
空気に触れないようラップで覆う 冷蔵庫or冷凍庫で保存


◇捨ててしまいがちな食材で出来る!腸内デトックスみそ汁

①火にかける前の鍋にハサミで小さく切った昆布を入れ 熱する
昆布…食べると食物繊維を摂取可能→腸に良い
②しいたけの軸を細かく切って鍋に入れる
しいたけの軸…捨てがちだが栄養がたっぷり 不溶性食物繊維が豊富 昆布の水溶性食物繊維を相乗効果が期待
③大根の葉を刻んで鍋に入れる
大根の葉…白い根の部分より圧倒的に栄養が多い ほうれん草より鉄分約1.5倍 ビタミンC約5.5倍
④出がらしになった茶葉を鍋に入れる
茶葉…カテキン→お茶よりも茶葉に多い 体のサビつきを防ぐ抗酸化作用に優れる
⑤味噌をとく ⇒完成


腸内デトックスみそ汁 材料と成分
昆布…水溶性食物繊維
しいたけの軸…不溶性食物繊維
大根の葉…ビタミンC
茶葉…カテキン

大根の根と葉の栄養
カリウム…葉>根 2倍
ビタミンC…葉>根 4倍
カルシウム…葉>根 10倍

活用できる余りもの食材
魚のアラ…EPA・DHA
サンマの骨…カルシウム
ゴボウの皮…食物繊維
エビの殻…アスタキサンチン


詳しくは番組サイトにて
http://www.fujitv.co.jp/viking/con160328.html







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です