フジテレビ「バイキング」常識を覆すビリギャル式勉強法・8月24日放送

投稿者: | 2015年8月24日

8月24日放送「バイキング」のメモ
○ひるたつ
常識を覆す3大達人
矢追純一が驚いた最新UFO映像4連発(省略)
天才マジシャンKiLaの最新マジック(省略)
③ビリギャル先生が教える超効率的な新勉強法

スポンサーリンク

著書「ビリギャル」が100万部突破
興行収入28億円の大ヒット
月150本を超える講演依頼

 
 

勉強の達人
坪田信貴先生

圧倒的に効率的な勉強法 勉強の新常識を教えます
テレビ初公開
○常識を覆すビリギャル式勉強法

◇暗記に関する新常識

例えば…
study(勉強する)という単語を暗記する場合

よくある暗記法
・何回も書く
・10回書く

暗記に関する新常識
◎1回だけ大きく書く

どちらが重要?
 ビリギャル式勉強法①
小さく書かれた「study」
大きく書かれた「study」


大きく書かれたものの方が重要な情報と認識する

暗記するため何回も書くのは非効率
・書く文字が小さくなり重要度が減ってしまう
・回数が目的となり覚えることに向かない

どれくらい大きく?
極端に言えばノート2ページ分くらいで書くのがちょうどいい
ノートはたくさん使うべき 文字で埋まったノートが増えると達成感 自信になる


◇答え合わせに関する新常識

例えばこのような問題
 ビリギャル式勉強法②
2/3÷3/2=6/6✔

答え 割り算は逆数をかける
 2/3×2/3=4/9

よくある答え合わせ
・答えを赤で書き込む
 ビリギャル式勉強法③

答え合わせの新常識
◎間違えた問題は問題文に赤をつける

この問題の場合のポイント
・分数である
・割り算である
それが分かるように問題に赤をつける
 ビリギャル式勉強法④
→ 問題の本質が分かる
答えそのものは重要ではない 問題によって異なるため


◇休憩に関する新常識

勉強中に親から「ご飯よ~」の声 どちらがよい?
A やっている問題を終えてから行く
B 問題を途中で投げ出して行く


休憩の新常識
◎休憩前はキリが悪いところで終わらせる

途中で投げ出したら気持ち悪い…「気持ちが悪い」がポイント

ミロのヴィーナス…世界最高峰の芸術といわれる
腕がとれていたり未完成の状態 → 想像をかき立てるのが最高峰の由縁とも

テレビのドラマでもいい所で終わる→続きが気になる

ツァイガルニク効果を利用する
◎未完成なものや中途半端なものが気になる人間の心理を利用する

続きが気になる→勉強の続きをやろう


◇問題集に関する新常識

問題集の新常識
◎答えを見ながら解く

×答えを写す → ○答えを見ながら考えながら解く

普通に解く…分かる問題と分からない問題を分別するだけになる → 分からない問題はそのままに…
勉強の意味=分からない問題を分かるようにする
→ 答えを見ながら解き方を覚える
できるかできないかを確認するのはまた別の機会に

できない問題ばかり…自信を失ってしまう→ 勉強しなくなる









スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です