フジテレビ「バイキング」老後のために今からやっておくべきこと・7月9日放送

投稿者: | 2015年7月9日

7月9日放送「バイキング」のメモ
○ひるたつ
老後のために今からやっておくべき5つのこと

スポンサーリンク

お金の達人
菅井敏之
勤続25年 元大手銀行支店長
著書がシリーズ累計45万部のベストセラー

 
 

多くの人が不安を抱える老後…

Q.ご自身の老後に不安はありますか?
ある…96%
ない…4%

「とにかく早く準備することで 老後の不安をなくすことができます」


◇老後のために今からやっておくべきこと

5位 通帳とハンコを貸金庫に預ける

銀行の貸金庫…審査を受け利用料を払えば誰でも利用できる
貸金庫を利用している顧客 → 特別なお客さま
⇒ (銀行との結びつきが強くなり)利用していると老後にお金の相談をしやすくなる
セキュリティも貸金庫ほど安全なところはない


4位 60歳から月5万円稼ぐ方法を考える

夫婦2人の場合
年金20万円の他に10万円稼げば(退職金や貯金を使わずに)十分生活出来る
夫婦で月10万円(1人5万円)はそれほど難しくない
女性の場合だと…
趣味のアクセサリー作りやネイルアートも仕事に出来る
お店を持たなくても…アクセサリー→委託販売 ネイル→自宅で稼げる
若いうちから準備することが大事


3位 ライフプラン表を作る

ライフプラン表…年表に家族の名前・収入と支出・目標貯金額を記入する将来の計画表
 ライフプラン表
20年後30年後をリアルに想像して 目に見える形にする
将来必要なお金が見えなければ 老後の不安は消えない
不安を数字にしてきちんと把握することが大事


2位 住宅ローン金利の引き下げ交渉をする

金利を下げることは確実なお金を残す方法
0.5%下げるだけで老後に残せるお金は違ってくる
金利を下げるテクニック
①他の銀行で借り換えの仮審査を受ける
②他の銀行にすれば金利が下がる と取引銀行に伝える
住宅ローンは良質な借り入れ 銀行は急いで返して欲しくない → 交渉の余地はある


1位 親の資産を守る

負債も自分が引き継ぐ可能性がある
→ 親が投資などする時は一緒にするべき
親だけに資産を減らすリスクを負わせない


◇将来お金に困る人の特徴

・お金が無くなった時に電子マネーをチャージするのはNG
お金の管理ができていない証拠 月始めに必要額をチャージすべき

・奥さんより子どもの学費に投資するのはNG
妻に投資して世帯収入を上げ 増えた収入分で子供に投資すべき

・成人した子どもから家賃をもらわないのはNG
同居している社会人の子どもからは生活費+家賃をもらうべき


◇実は知らない銀行の活用法

◎銀行にお金以外のことも相談する

銀行は様々な企業と付き合っているため 疑問・悩みを解消してくれる場合もある
良いリフォーム会社を/良い弁護士を/良い税理士さんを…銀行に紹介をお願いする
業者側も銀行の紹介であればヘタな仕事はできない







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です