フジテレビ「バイキング」銀行でローンが組みやすくなる方法・6月11日放送

投稿者: | 2015年6月11日

6月11日放送「バイキング」のメモ
○ひるたつ
銀行でローンが組みやすくなる方法


お金の達人
菅井敏之
勤続25年 元大手銀行支店長

著書が40万部のベストセラー
 

住宅 マイカー 子供の学費…
まとまったお金が必要な時に助けてくれる銀行
しかし…
「同じ会社で同じ年収の人 社会的信用度は同じでも 銀行から借りられる金額は違ってくる場合があるんです 個人的な信用というのは 皆さんが気にしていないような所で判断しています」


◇銀行でローンが組みやすくなる方法

5位 収入と支出を把握する

・お金の管理ができない人に銀行はお金を貸しにくい
「お金の管理の基本です どういうお金の使い方されてるんですか?と聞かれて 今月何に使ったかなと分かってない人 銀行から見て管理できていない人になりますから お金を貸しにくい人ということになります」
・“収入も支出も管理できるか”は融資の判断のポイント
「稼ぐだけはなく 管理するということができているか お金を貸す場合の大きな判断ポイントになります」


4位 スマホの分割払いの状況もきちんと報告する

・銀行がお金を貸したくない人→ウソをつく人
「銀行員がお金を貸したくない人 嘘をつく人なんです」
・借金を隠す人もいるが銀行にはすぐバレる
「借金を隠してお金を借りようとする人がいますけれど 個人信用情報機関という所に照会すれば 借金の状況というのはすべて分かってしまう」
・銀行はスマホの分割払いの状況も分かる (※スマートフォン機種代の分割払い)
・スマホの分割払いは借金と同じ
・借金として自ら報告すれば信用が上がる
「スマートフォンの分割払いの状況っていうのは情報として出るんですね スマホの分割払いって借金と同じです これくらいの報告漏れっていうのは 銀行も見逃すケースが多いんですけど そこをあえて自分の借金としてきちんと報告すれば お金をちゃんと管理している人として その人の信用は逆にアップするということです」


3位 親と同じ銀行に口座を作る

・銀行はお金を貸す時 親と連結で見ている
「銀行はその人 個人・単体で見ているわけじゃないんです 親子連結で見ています」
例えば…
3000万円希望しても2500万円しか借りられない人
→ 親の信用状況を加味して3000万円借りられる場合がある
・ゼロからよりも親の信用を引き継ぐ方が賢いやり方
「ゼロから信用を積み重ねるよりも 銀行としても融資しやすいですよね 親の信用を自分の信用につなげる そういう発想が賢いやり方だと思います」


2位 クレジットカードは2枚にする

・クレジットカード…クレジット枠とキャッシング枠がある
・キャッシング枠=借金可能な金額として銀行はカウント
「クレジットカードにはクレジット枠とは別にキャッシング枠というのが付いています キャッシング枠は使っていなくてもいつでも借金ができるものとして銀行はカウントする」
・枚数が多いほど銀行からの信用は下がりやすい
「(カードの)枚数が少なければ問題ないですけど 枚数が多ければ多いほど キャッシング枠が大きくなり 銀行からの信用は下がっていきます 本来4000万円借りられる人が キャッシング枠がいっぱいあるがために3500万円に下げられたりとか… だからむやみに枚数を多く持つことが有利か不利かといったら やっぱり不利です」
・基本の1枚と使えない時用の1枚 計2枚がオススメ
「お買い物の時には一種類のカードだけでは使えないケースもありますので お買い物ができるように対応しておくという意味でも クレジットカードは2枚に限定するのがいいと思います」


1位 毎月積立預金をする

・銀行が優先で見るのは額ではなく「頻度」と「正確さ」
Aさん…いきなり500万円持ってきて残り500万円貸して欲しいという人
Bさん…10年前から毎月4万円ずつきちんと積み立ててきて500万円貯まって残り500万円貸して欲しいという人
どちらにお金を貸したいですか?ということ
毎月預金をしている人は お金だけでなく信用も積み立てている
→ その積み立ててきた履歴が信用を生む


◇ローン審査に落ちやすい人の特徴

・派手な腕時計をしている人
浪費癖がある?と疑われやすい
浪費癖→必ず収支のバランスが崩れる 稼いでいても管理をしていないとお金は貯まらない

・銀行員との会話で横文字(専門用語など)を使う人
うさんくさい印象を与え評価を下げるおそれが

・文字が汚い人
最終的に融資を決める上司は書類を見て判断するので審査が厳しくなる
実際に借りる人を見ていない上司は文字から受ける印象は大切
→ 下手でもいいから丁寧に書いてあれば問題ない


◇ローン審査に落ちる危険が高い出演者は?

坂上忍

「銀行は ギャンブル 浪費癖 大嫌いです」









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です