フジテレビ「とくダネ!」長期間の糖質制限で老化説・3月19日放送

投稿者: | 2018年3月19日

「とくダネ!」のメモ
○新説浮上 長期間の糖質制限で老化が進む?

スポンサーリンク

東北大学大学院准教授
都築毅
和食と長寿などの研究を行う
著書「昭和50年の食事で、その腹は引っ込む」など



◇厚労省 日本人の食事摂取基準

三大栄養素
炭水化物・たんぱく質・脂質

1日のエネルギー摂取目標
目安 1800kcal
炭水化物からは50~65%(900~1170kcal)

1日の参考メニュー
【朝食】ご飯・みそ汁(ジャガイモ・ワカメ)・納豆・小松菜の煮浸し・牛乳
【昼食】にぎりめし(2つ)・サラダ(トマト・きゅうり)
【間食】ヨーグルト・グレープフルーツ
【夕食】ご飯・すまし汁・卵とじ・おでん・浅漬け


◇糖質制限とは?

・白米やパンなどの炭水化物を制限
・足りないエネルギーをタンパク質や脂質で補う

なぜ注目されている?
短期間に内臓脂肪を減らす 安全性も保証されている

市場規模は?
3000億円以上(昨年9月27日付「読売新聞」より)

1日の糖質制限食事例(番組取材 30代男性の話より)
【朝食】納豆
【昼食】鶏むね肉・サラダ
【夕食】鶏むね肉・サラダ
→ ほぼ全ての栄養素が足りない(都築先生)


◇長期間の糖質制限で老化が進む?

一昨日 日本農芸化学会で初めて研究結果を発表

Q.どんな実験をした?
A…通常の餌で飼育(日本食に近い)
B…高脂肪食で飼育(洋食に近い)
C…糖質制限食で飼育(ヒトの食事の主食を抜いたイメージ)
期間:3種類のマウス(各20匹)に約1年間指定の餌を与えた
年齢:ヒトに換算すると幼児から80歳程度までのマウス

実験の結果…
Cの老化の進行が30%速かった


◇なぜ老化が進むのか?

長期間糖質制限を続けると…
・見た目や皮膚の老化の進行
・学習記憶脳の低下
・脳の酸化ストレスの増加 など
⇒ 老化を促進

具体的にどんな症状が?
・背骨が曲がる
・脱毛がひどい

60代後半になると…
外見的な老化が進行 皮膚の状態の悪さが顕著に
(糖質制限を数十年続けた場合 そうなるのではないか)


◇長期間の糖質制限が及ぼす危険性

こんな研究結果も
①炭水化物を制限&タンパク質や脂質で補う
タンパク質を過剰摂取した場合は…
◎心臓発作・脳卒中など増加の可能性
(タンパク質の過剰摂取と心血管疾患発症率に相関関係)
2013年日本糖尿病学会提言による

②糖質制限に関する9つの海外の医学論文
ヒトでの経過を5年以上追跡・解析
◎5年以上の糖質制限で死亡率が高まる可能性がある
2013年国立国際医療研究センターの論文


◇糖質制限の注意点は?

都築先生によると…

①高齢者は糖質制限はやめるべき
高齢者は若い人より老化などの原因となる異常たんぱく質が細胞内に溜まりやすい
それを抑える糖質をしっかり取ることが必要

②和食中心の生活を心がけるのが重要
日本を長寿国に導いたのは栄養的にバランスの優れた日本食

③糖質制限をしている人は専門家に相談
必要な食材を取りかつエネルギー不足にならないよう専門家のアドバイスが必要








スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です