TBS「名医のTHE太鼓判!」名医の健康法を実践したら本当に健康でいられるか大検証・12月3日放送

投稿者: | 2018年12月4日

「名医のTHE太鼓判」のメモ
名医の健康法を実践したら本当に健康でいられるか大検証3時間SP
○医師に密着!私生活で実践 新健康術12連発!
○話題の健康長寿元気の秘訣とは?
○出張太鼓判

スポンサーリンク

○医師に密着!私生活で実践 新健康術12連発!

医者はナゼ健康なのか!?私生活で実践する対処法12連発
医師専用コミュニティサイト「MedPeer」調べ

(1)髪の悩み

内科・循環器科 池谷敏郎医師
◎毎日イワシを食べる
→ イワシの脂肪(EPA)に薄毛改善効果がある
☆動物性脂や植物性油を摂りすぎると薄毛解消効果は半減

厚生労働省の推奨
EPAの摂取量 1日1000mg=イワシ1尾

イワシの缶詰
1缶200gあたりEPA5000mg以上=生イワシ5尾分に相当
→ 最も効率よく血行促進が期待できる
☆缶詰の水分も大事

イワシの他にも…
サバ・サンマ・マグロ・カツオなどの青魚でも効果が
カツオは 秋にとれる戻り鰹の方がEPAが多く含まれる

EPAは他にも…
心筋梗塞・脳卒中などを予防する効果も


(2)風邪

呼吸器内科 大谷義夫医師
◎風邪のひき始めは5分間泳ぐ
5分間水泳→運動を行うことで免疫細胞が活性化する 水泳は全身運動のため短時間で効果が

激しい運動…免疫は低下
軽度な運動…免疫を上げる

水泳以外でも…
ウォーキング・ストレッチ・ヨガなど軽い運動であればOK

☆汗をかいて風邪を治すは間違い
→ 無理せず快適な温度で


消化器内科 大竹真一郎医師
◎顔は絶対に触らない
→ 手についたウイルスが鼻や口・目から侵入

風邪は空気感染しない
飛沫感染…咳やくしゃみで飛んだウイルスからうつる
接触感染…風邪ウイルスがついた手で触った物や人からうつる

◇マスクの正しい外し方
手が顔に触れないよう 小指で耳からマスクを外す
(マスクの表面に触れない ヒモの部分に小指をかけ外す)


内科・循環器科 池谷敏郎医師
◎漢方薬(桔梗湯)でうがい そのまま飲み込む
桔梗湯…ノドの痛みや腫れに効果が期待

☆ビタミンCは風邪に効果なし 予防には○
☆ビタミンDは風邪予防・呼吸器感染症・インフルエンザ予防に効果あり
ビタミンD…魚・キノコから あるいは手のひらだけ日を浴びる(夏5分/冬20分)ことで生成




(3)肩こり

◇肩こりチェック


左右の肘から指先までをぴったり合わせ 肘がアゴより上に上がらない
→肩こりの可能性

整形外科 戸田佳孝医師
◎肩シワ伸ばし

肩シワ伸ばし

ステップ1
肩シワ伸ばし①
①右手で左肩を下に押さえ 左腕を背中に回す
②頭を右側に10秒間傾ける ※首の筋肉を意識
③逆側も同様に行う

ステップ2
肩シワ伸ばし②
①左の鎖骨を下に押さえる
②首を右45度に向け 後ろに傾ける
③10秒間 口をパクパクさせる
④逆側も同様に行う


(4)便秘

消化器内科 大竹真一郎医師
◎こうじ水を飲む

◇こうじ水の作り方
・米こうじをお茶用パックに入れて 水に8時間漬けて置くだけ


(5)口臭

◇口臭チェック
・歯ブラシで舌を3~4回こすり嗅ぐ

歯科 小林瑠美医師
◎寝る前にオイルうがい

◇歯科医の歯磨き方法

☆歯磨き粉は少量
☆うがいは1回だけ 泡を落とす程度
→フッ素を残すため
フッ素…歯磨き粉に含まれる成分 虫歯などを予防する

オリーブオイルうがい
・寝る前に大さじ1杯のオリーブオイルを口に含み 1分間グチュグチュする
(うがい後 水でゆすいでもOK)
→ 歯や舌をコーティング 細菌の繁殖を抑える
→ 歯周病・誤嚥性肺炎の予防も期待できる




(6)血糖値

呼吸器内科 大谷義夫医師
◎キクイモ

キクイモ
ゴボウの仲間で食物繊維が豊富 デンプン質は少ない
イヌリン…体の中に吸収されない成分 体内でゲル状に変化→糖やコレステロールを抱え込み吸収を抑える
食事の30分前に摂るとより効果的

◇児嶋キッチン

キクイモ丸ごと豚汁

①ゴマ油で豚肉・野菜を炒める
②キクイモを皮ごと入れる
③出汁・干し椎茸の戻し汁を入れる
④約20分煮込み 味噌をとく
⑤青ネギを入れる⇒完成

ポイント
☆小さいキクイモを選び皮ごと使う

キクイモチップス
市販もされている スープや味噌汁に入れるだけ



(7)冷え症

森田豊医師
◎しょうがココア

しょうがココア
ホットココアにすったしょうがを加える

ホットココアにココアのポリフェノール…手足の冷えを取り除く
しょうがのジンゲロール…手足を温める
しょうが+ココア→ダブル効果 上昇した体温を持続


(8)腰痛

スポーツドクター・内科 栗原隆医師
◎ゴロゴロ体操
→股関節周りと腰の筋肉が同時にほぐれる

ゴロゴロ体操

ゴロゴロ体操
①両足をガニ股に開き 足首をつかむ
②前後にゆっくり10回揺らす ※ひざを広げることを意識
③左右にゆっくり10回揺らす

1日2回行う


スポンサーリンク



○話題の健康長寿元気の秘訣とは?

スーパーボランティア 尾畠春夫さん(79)

◇尾畠流食事術
①朝にしっかり 夜は少なめ
②栄養補給は バナナの皮の裏側
③冷製 梅干し 茶漬け

炭水化物は冷たくして食べる→レジスタントスターチが増加
レジスタントスターチ…食物繊維と同じ働きで糖の吸収をゆるやかにする


○出張太鼓判

◇ヒザ痛
リンゴ皮むき体操
①ヒザの後ろにある骨を親指で押さえる
②リンゴの皮をむくように親指を90度回転 ※痛気持ちいい程度の力で

◇イビキ
ナステント
薬局でも買えるイビキ防止の鼻チューブ
→ 気道に空気の通り道を確保し イビキを防ぐ
※購入には医師の処方箋が必要








スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です