テレビ朝日「SmaSTATION!!」出会いと別れの季節に聴きたいグッとくる定番ソング・3月7日放送

投稿者: | 2015年3月8日

今週のスマステは…
○出会いと別れの季節に聴きたい!グッとくる超定番ソングvs新定番ソングBEST9

スポンサーリンク

出会いと別れの季節に聴きたい!グッとくる超定番ソングvs新定番ソングベスト9

出会いと別れの季節に聴きたい グッとくる曲を10代から50代の全国1000人にアンケート
調査協力:楽天リサーチ 番組独自のアンケート結果も含まれます

超定番…70・80・90年代発表曲
新定番…2000年以降発表曲


◇超定番

第9位 さよなら オフコース(1979年)
オフコース17枚目のシングル 約70万枚売上げた最大のヒット曲 ※オリコン調べ

第8位 制服 松田聖子(1982年)
シングル「赤いスイートピー」のB面に収録 表題曲ではないにも関わらず多くの人に愛されている名曲 作曲は松任谷由実

第7位 卒業 斉藤由貴(1985年)
菊池桃子の歌う「卒業」も同時期にリリース 同タイトルの2曲がチャートインし話題に ※オリコン調べ

第6位 遠く遠く 槇原敬之(1992年)
アルバム収録曲ながら 故郷を思う歌詞が話題を呼び大ブレイク CMソングにも起用された

第5位 想い出がいっぱい H2O(1983年)
あだち充原作のアニメ「みゆき」の主題歌に選ばれ H2Oは一気にブレイクした

第4位 卒業 尾崎豊(1985年)
当時 若者のカリスマ的存在だった尾崎の青春の苛立ちが歌詞にあらわれた名曲

第3位 なごり雪 イルカ(1975年)
南こうせつ率いる「かぐや姫」の楽曲 約50万枚を売り上げたイルカの代表曲 ※オリコン調べ

第2位 贈る言葉 海援隊(1979年)
武田鉄矢主演のドラマ「3年B組金八先生」の主題歌 94万枚を超える大ヒットを記録 ※オリコン調べ

第1位 卒業写真 荒井由実(1975年)
荒井由実時代の松任谷由実の代表曲 2007年にビールのCMに起用され人気が再燃


◇新定番

第9位 さくら ケツメイシ(2005年)
オリコンシングルチャート自身初の1位を獲得 年間のシングルチャートでも2位に輝く
PVには俳優・萩原聖人(当時33歳)とモデル・鈴木えみ(19歳)が出演していた

第8位 Best Friend 西野カナ(2010年)
落ち込んでいた時 励ましてくれた友達への感謝のメールがそのままサビのフレーズに

第7位 RPG SEKAI NO OWARI(2013年)
「映画 クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」の主題歌 ファミリー層にまで人気を広げた

第6位 YELL いきものがかり(2009年)
2009年度NHK全国学校音楽コンクールの課題曲として制作

第5位 遥か GReeeeN(2009年)
映画「ROOKIES ~卒業~」の主題歌 iTunes 2009年年間ダウンロード数で1位獲得

第4位 手紙 ~拝啓 十五の君へ~ アンジェラ・アキ(2008年)
NHK全国学校音楽コンクールのため制作された曲 反響の大きさからCD化された
PVには女優の杏(当時22歳)と足立梨花(当時15歳)が出演している

第3位 あとひとつ FUNKY MONKEY BABYS(2010年)
第92回夏の高校野球の応援ソングに起用 PVにはプロ野球選手が出演

第2位 3月9日 レミオロメン(2004年)
ドラマ「1リットルの涙」の挿入歌に使用され大きな話題に
PVには当時15歳の堀北真希が出演していた

第1位 さくら(独唱) 森山直太朗(2003年)
CD発売時 桜前線と共に北上するライブを敢行 発売2か月後にチャート1位を獲得 約106万枚売り上げた ※オリコン調べ








スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です