TBS「サタデープラス」医師10万人大調査お風呂の入り方冬野菜冬の鍋ランキング・11月28日放送

投稿者: | 2015年11月28日

「サタデープラス」
Dr.プラス
○医師10万人に大調査 お風呂の入り方・冬野菜・冬の鍋ランキング
◇突然死を防ぐお風呂の入り方
◇冬に食べるべき野菜
◇冬に食べるべき鍋

スポンサーリンク

本日のスーパードクター
メドピア代表・循環器内科医
石見陽先生
医師として活躍する傍ら 医師専用コミュニティサイトを運営

医師専用コミュニティサイト・MedPeer
全国の医師同士が情報交換 薬剤や医師の勤務する病院を評価
医師会員数…10万人以上 国内の全医師の1/3が登録

MedPeerを利用して医師10万人アンケートを実施


医師10万人に聞いた!
◇突然死を防ぐお風呂の入り方

サバンナ高橋流入浴術 サウナ&水風呂
サウナ⇔水風呂 3往復

東京都市大学人間科学部教授・温泉療法専門医 早坂信哉医師によると…
× 危険な入り方
問題は温度差 血圧が上昇→不整脈・狭心症を引き起こしかねない


5位 かけ湯をする
湯船につかった際の血圧の上昇を予防


・入浴習慣チェック
湯船にどこまでつかる?
①胸まで
②肩まで
③首まで

4位 熱い湯に首までつからない
湯船につかるのは胸から肩まで
入浴中はウエストが3~4センチも縮むほど強い水圧 → 首まで浸かると胸の周りが圧迫され心筋梗塞の恐れも


・入浴習慣チェック
お湯は何℃に設定?

3位 風呂の湯は42℃未満
42℃を境に体への影響が真逆に
~41℃ 体がリラックス
42℃~ 血圧が急上昇 心拍数↑

42℃未満でも体ポカポカ♪ “お風呂ドクター”オススメ入浴法
・炭酸風呂
血管を拡張させる→血流が良くなり 実際より1~2℃温かく感じる

肌年齢22歳・日比野佐和子医師の入浴法
・湯船につかりなら歯磨き
唾液の分泌が促され“美肌ホルモン”パロチンが分泌される
体温上昇→唾液が出やすくなる


2位 足先からゆっくり入る
心臓への負担を避ける


1位 浴室と脱衣所を暖める
温度差が血圧を急上昇させる

・健康な20代男性で検証
リビング(約24℃)→血圧103mmHg
脱衣所 (約14℃)→血圧113mmHg
湯船  (約42℃)→血圧150mmHg(浴室約14℃)
温度差を小さくし再検証
リビング(23.9℃)→血圧107mmHg
脱衣所 (23.3℃)→血圧108mmHg
湯船  (約42℃)→血圧115mmHg(浴室23.3℃)
→ 大幅な上昇はない

浴室暖房がない場合
シャワーで湯を張る→浴室全体が暖まる


立ちくらみの経験は?
湯船から出るとき 血流が下半身に集中→脳への血流が不足

“お風呂ドクター”実践 突然死を予防する湯船からのあがり方
洗面器に冷水をため 湯船につかりながら10秒間両手を冷やす
→ 血圧の急低下を防ぐ


名医の入浴法ベスト5(回答者数 1051人)
1位 浴室と脱衣所を暖める
2位 足先からゆっくり入る
3位 お湯は42℃未満
4位 熱い湯に首までつからない
5位 かけ湯をする


医師10万人に聞いた!
◇冬に食べるべき野菜

3位 白菜
全体の約95%が水分 量のわりに低カロリー ダイエット食材に最適

2位 ほうれん草
βカロテンが豊富
βカロテンとは… 老化を防ぐ抗酸化作用を持つ栄養素
→ 皮膚や粘膜の保湿 風邪対策にも効果的
オリーブオイルで和えると効果UP

1位 大根
冬の大根の効果
・消化酵素ジアスターゼが胃腸の働きを活性化
・葉に含まれるビタミンCは夏場の3倍!
・大根おろしで摂取するのが効果的


冬に食べるべき野菜(回答者数 1051人)
1位 大根
2位 ほうれん草
3位 白菜
4位 ネギ
5位 ブロッコリー
6位 ニンジン
7位 ゴボウ


医師10万人に聞いた!
◇冬に食べるべき鍋

3位 トマト鍋
リコピン効果が良い→免疫力アップ
リコピンとは… トマトに含まれる色素 老化を防ぐ抗酸化作用をもつ

日比野医師もトマト鍋愛好家
リコピンは熱に強く 魚や肉などの脂と一緒に摂ることで吸収率が上がる
美肌効果に+体も温まるパーフェクトな鍋
・チーズを加えるとさらに効果的
乳製品と一緒に摂ることでリコピンの吸収率がさらに上がる 美容効果も倍増


2位 水炊き
鶏肉のビタミンB6がIgA抗体を増やす
IgA抗体とは… ウイルスが体内に侵入するのを阻止
くしゃみ…粘膜から侵入しようとするウイルスをIgA抗体が跳ね返そうとしている


1位 キムチ鍋
選ばれた理由
①唐辛子のカプサイシン→発熱効果
②キムチの乳酸菌→風邪予防効果
③具材の相乗効果→豚肉+ニンニクで疲労回復成分アリチアミンに

日本大学医学部附属板橋病院・上野高浩医師は…
・酒粕を加えるとさらにパワーアップ

日比野佐和子によると…
・きなこを加えると腸内環境がアップ 美肌効果も


締めにごはんとうどんどちらが良い?
ごはん…168kcal
うどん…105kcal
(100gあたり)


冬に食べるべき鍋(回答者数 1051人)
※具材が特定できない「寄せ鍋」「ちゃんこ鍋」は除く
1位 キムチ鍋
2位 水炊き
3位 トマト鍋












スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です