フジテレビ「ノンストップ!」無駄に怒らずにすむ法則・3月10日放送

投稿者: | 2015年3月10日

「ノンストップ!」語って!ケイケンジャ うまくいかない人の法則
○無駄に怒らずにすむ法則

世の中うまくいかないことだらけ… そこには必ず“法則”がある
その法則とは 圧倒的な経験値を誇る賢者のみが知るもの
経験値+賢者 それが… 語って!ケイケンジャ うまくいかない人の法則

スポンサーリンク

・今日のケイケンジャ
日本アンガーマネジメント協会代表理事
安藤俊介氏
7万人以上に「怒りとの付き合い方を指導

 

“怒りの感情と上手に付き合う” → アンガーマネジメント 日本の第一人者
「無駄に怒って損している人が多いなと思います 無駄に怒って良いことって何もないので 上手に怒れるようになって欲しいなと思います」
元兵庫県議・野々村竜太郎氏…“ムダな怒り”で損をした人
「彼が伝えたかったことというのは何一つ伝わらずに とにかく取り乱してしまったということしか印象が残らなかった 無駄に怒ってしまって 本当に伝えたかったことが伝わらなかった」

設楽もあまり怒るイメージがないが…実は表に出さないだけで自分の中にため込んでいる
怒った時は…怒りを人にぶつけるか or 怒りを自分にぶつけるか 方向がある
自分の中にため込む=自分にぶつける → これも良くない“ムダな怒り”

「日本人は怒りを直情的に表す人よりも 自分に向けて鬱屈させてしまう 何でこんなに怒ってるんだろうと自分を責めてしまう人が 実は多いですね」
安藤さんも元々は怒りっぽかった→これはまずいと思い“アンガーマネジメント”を学び 今は教える側に

怒り…健康に良くない
怒りっぽい人→心臓病になりやすい 老けていく
怒っている時…免疫機能が下がっている

無駄に怒る→本当に無駄なこと


無駄に怒らずにすむ法則
法則① 怒ったときこそ“毒”を吐け!
法則② 怒ったときはひたすらメモれ!
法則③ 怒りからタイムアウトしろ!


無駄に怒らずにすむ法則
①怒ったときこそ“毒”を吐け

毒は毒でも 怒りに有効なのは“心の毒”
心の毒…無駄な怒りを笑いに変える裏ワザ

・OK
「犬のフン踏んじゃえ!」
「この人モテないわ」など…
→ カワイイ毒

「あくまでもクスッと笑えるようなもの ちょっとユーモアがあるようなものが望ましい (心の中で思うことで)ワッと言ってしまわないようにする」

・NG
「バカヤロー!」
「ふざけるな!」など…
→ ストレートな毒

「バカヤローとかふざけるな というような言葉は怒りを大きくしてしまう言葉になってしまうので いくら心の中でつぶやいたとしても 怒りが強くなってしまったら 子供の前で怒鳴るような失態をしてしまう」

「心の中でひと呼吸おいて 少しでもユーモアをもって いきなり強いことを言わないように 自分で止められる工夫をしてみて下さい」


無駄に怒らずにすむ法則
②怒ったときはひたすらメモれ

怒りを感じたら…
怒りを感じるたびに 何に怒ったのかメモをする
10段階で怒り温度を書く
 アンガーログ

多くの人は 怒ったことは覚えているが 何について怒っていたのか忘れる
→ 何について怒ったか記録する(メモに書かず 携帯で自分宛てにメッセージでもいい)

アンガーログ(怒りの記録)
①怒りを感じるたび事実を淡々と記録する(自分の気持ちなどは書かない)
②怒りの温度を10段階で記す(自分の感覚で 人生で最大をMAXの10として)
 アンガーログ②

怒り・温度をメモして分かることは?
(この画像の例の場合) 温度が高い怒り = 待たされることで怒る傾向

記録をする一番の意味は… どういう時に怒ってしまうのか 自分のパターンを知る
画像の例の場合
信じていたものが裏切られる=(スムーズにいくはずなのに)スムーズにいかなかった 待たされた
→ 自分が怒ってしまう傾向が分かれば 対策が分かる

3週間続けるのが目安だが…
最初は数日 簡単に携帯などにメモることから始めてみる


無駄に怒らずにすむ法則
③怒りからタイムアウトしろ

爆発する怒りからいったん離れることで自分の感情が落ち着く

夫婦げんかであれば…タイムを取るというルールを予め決めておくといい
お互いその場にいてもエキサイトする一方 → どちらからでもいいのでいったん中止のタイムを

怒りからタイムアウトする方法
・(自分の中で)合図を決めておく
例えば…子供の写真を見る 香水を嗅ぐ 腕をトントンする

タイムアウトを間違うと怒り倍増することも…

怒りからタイムアウトのNG行動
①タイムアウト中にどう怒るか作戦を練る
②「お互い冷静になりましょう」と言う → “お互い”…相手も怒っていることを攻める言葉 逆効果に










スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です