フジテレビ「ノンストップ!」ひな祭りのたしなみ・3月2日放送

投稿者: | 2015年3月2日

「ノンストップ!」
人に教えたくなる!オトナのたしなみ
○ひな祭りのたしなみ

スポンサーリンク

知っていれば友達から「へぇ~」と言われる知識
人に教えたくなる!オトナのたしなみ
○ひな祭りのたしなみ

明日 3月3日はひな祭り

たしなみチェック
Q.ひな人形が表す宮中行事とは何?

①和歌を詠む歌会
②結婚式
③演奏会


【正解】
②結婚式

三人官女…お世話役
五人囃子…楽団
内裏(だいり)=宮中
段飾り全体で宮中の婚礼の様子を表す
お内裏様とお雛様のように 良縁に恵まれ 幸せになって欲しいという願いが込められている

現代では…
女の子の誕生・健やかな成長を祝う行事に

ひな人形を飾ることにお祝いとはまた別の意味が…
たしなみチェック
Q.ひな人形を飾るもう一つの意味は?

①神様への供え物
②神様を招く目印
③厄払いのための身代わり


【正解】
③厄払いのための身代わり

ひな祭りの起源…300年ごろの古代中国
季節の変わり目は健康を害しやすい
草やわらで作った「人形(ひとがた)」に汚れをうつして 水に流し厄払いをしていたことに由来
この厄払いの行事に 平安時代 宮中の子どもたちの間で“ひいな遊び”という紙で作った人形を使ったママゴト遊びが合わさり…
室町時代には 公家や武家の間で ひな人形を飾り 女の子の健康を祈願していた
→ ひな人形=子供の厄を負う分身 一人につき1セットという考えに
江戸時代には 庶民にひな祭りが広がり 土人形や押絵人形なども飾られるように
その一方で 力のある武家や大商人の間では ひな人形が次第に豪華絢爛に 装束に金箔などが使われ ひな人形で屋敷一軒が買えるほどだったとか
→ あまりに豪華になり過ぎ ひな人形のぜいたく禁止する法令が出るほどに

たしなみチェック
Q.江戸幕府が出した ひな人形に関するおふれとは?

①(人形の)数を制限した
②大きさを制限した
③値段を制限した


【正解】
②大きさを制限した

奢侈(しゃし)禁止令(江戸時代)
ぜいたくを禁止して倹約を推奨・強制するための法令

ひな人形の大きさ 8寸(約24cm)以上を禁止

ちなみに…
装束に金箔があしらわれた内裏様の大きさ…約50cm
高さ50cmのひな人形

さらに…
等身大のひな人形も…座っている状態で高さ約70cm

どうしてこんなに大きくなっていったのか…
ひな人形は厄を引き受けてくれるという意味合いがあった
大きな人形で厄を引き受けてもらって 娘の幸せを願う
さらに…
それが娘の嫁入り道具になり どんなものを嫁入り道具に持たせるかでその家の格が表されるため より豪華に
嫁いだ先でも娘が大切に扱われますようにとの願いを込めた

しかし 大きさが制限されると…
42体のひな人形
数が増え ひな人形42体というものまで…高さ1m幅3.6m(人形1体は約15cmで制限内)…江戸末期の大商人の家のもの

住宅事情などもあり…
七段飾りが一般的になり さらに 近年は一段のものが普及するように


街の親たちの疑問
女の子が2人いるが下の子のひな人形はどうすればいい?

本来の意味からすれば 一人の子につき1セットが望ましいが…
住宅事情なども考えて…現在では 1セットで姉妹のものとして考えるのが一般的
しかし…
2人目の女の子には 上の子のセットに加えて 市松人形を買い足すのがオススメ
市松人形…ひな人形と同じように厄を引き受ける意味合いを持つ人形
→ ひな飾りに市松人形を横に加えて飾る


ひな祭りのおもてなし料理で用意する4つのもの
・ひなあられ
・ひしもち
・ハマグリのお吸い物
・白酒
これらにはそれぞれ“もてなし”の意味がある
ハマグリ(お吸い物)…貝殻は対のものとしか合わない→“良い夫婦”の象徴 良き伴侶と巡り会い 良い夫婦でいられるようにとの願い
ひしもち…

たしなみチェック
Q.ひしもちの形のルーツは?

①汚れを払う大麻(おおぬさ)
②子を守る矢の先端
③体を守る内裏様の台


【正解】
②子を守る矢の先端

儀式作法研究家・岩上力先生によると…
ひしもちの由来
ひし形…戦国時代の武将 武田信玄の家紋「武田菱」でも使われているが この家紋は“矢の先端”を模したもの
→ 邪気を射る矢が「女の子を守る」親心のひしもちに

ひしもちやあられの色にも“もてなし”の意味が
ピンク…クチナシの実には“解毒作用”
白…“血圧”を下げるひしの実
緑…“増血作用”のある蓬(よもぎ)

こうした意味を知ることで「おもてなし度」アップ
白酒を飲むことにも意味が…

たしなみチェック
Q.白酒は何のために飲む?

①飲んだ人の体内を清め病気を防ぐ
②神様に健康を願うため
③酒のような色白になれるよう願掛け


【正解】
①飲んだ人の体内を清め病気を防ぐ

桃花酒(とうかしゅ)
・桃の花を漬けたお酒
・古代中国で「厄除け」の効果があるとされた

江戸時代に…
手に入りづらい桃花酒よりも 同じような効果があるとされる白酒が大流行し 全国的に定着
さらに… 白酒を飲めない子どもたちには 甘酒が飲まれるように


・講師
和文化研究家
三浦康子先生
著書・監修書多数
All About「暮らしの歳時記」ガイド

 










スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です