テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」乾燥シーズン到来お肌のカサカサ対策・11月7日放送

投稿者: | 2019年11月7日

「モーニングショー」のメモ
○羽鳥パネル
乾燥シーズン到来 お肌のカサカサ対策 保温下着でかゆくなる人も

スポンサーリンク

ビューティーコネクション銀座クリニック顧問医師
日比野佐和子さん
皮膚科医 美容に関する著書多数 トータルアドバイザー医療を専門に行う

◇カサカサ肌 放っておくと肌の老化も

乾燥肌リスク①
・かゆみ/肌荒れ
原因は… バリアー機能の低下
放っておくと… 黒ずみの原因に
年齢と共に 肌の水分保持能力も低下

乾燥肌リスク②
・肌の老化
原因は… 肌のバリアー機能が低下し古い角質が残る
古い角質が残ると… シミ・しわ・たるみなど


◇街の疑問

20代女性
「1時間おきにリップを塗っても唇が乾燥するのはなぜ?」
唇は皮脂腺がないので顔の中で一番最初に荒れる部位
塗りすぎると… 荒れた部分をさらに摩擦することでより乾燥を引き起こすことも
→ (リップを)少し温め縦方向に塗ると良い

40代男性
「保温下着を着ると肌が乾燥しかゆくなるのはなぜ?」
保温下着の仕組み:吸湿発熱…繊維が湿気を吸収すると水蒸気の運動エネルギーが熱エネルギーに変わり発熱
→ 保温下着の下に綿の下着を1枚つけ直接触れる面積を少なくする


◇やってしまいがちなNG対策も 正しい乾燥肌ケアは

60代女性
「風呂上がりは保湿ケアを10分以内にしている」
→ ○
保湿効果が高いのはタオルで水気を拭いたまさにその直後 できれば3分以内にケアを
優先順位:まず化粧水で保湿→着替え→本格的なスキンケア

20代女性
「ビタミンをとるため生野菜を多く食べている」
→ △
生野菜も悪くないがビタミンなどを多く含んだ野菜を温野菜にして食べた方が効果的

日比野先生のオススメ
・生芋コンニャク
コンニャク芋をそのまますりおろして作ったもの セラミド成分が豊富
セラミド(細胞間脂質)→角質の水分保持を担う
セラミド量は年齢と共に減少→50代では20代の3分の2


◇肌だけじゃない!これからの季節 目の乾燥にも注意

順天堂静岡病院眼科 専任准教授
土至田宏さん
ドライアイを中心とした眼科の専門医 角膜移植などの手術数は年間200件以上

秋~冬にかけて 空気が乾燥・部屋の中で暖房→目も乾きやすくなる
毎年11月ごろになると「目が乾いてショボショボする」と来院する患者さんが5割ほど増える

空気が乾燥した環境は… ドライアイを発症・悪化させる一因に
ドライアイとは…
・涙の量が少ない
・涙が蒸発しやすい
(といった症状のある)病気

乾燥によるダメージを受けやすいのは…
目の表面にある角膜
直径約12mm 厚さ約0.5mm 眼球に光を取り入れる入り口
角膜が乾くと… 涙によるバリアー機能が損なわれる→受けるダメージが大きくなり傷つきやすくなる
角膜に傷がつくと… 痛み・ピントが合わない・細菌が侵入し角膜炎や角膜潰瘍に 最悪失明する危険も

目の乾燥を防ぐにはどうしたらいい?
対策① 視線を下向きに
上を向いていると涙の蒸発が増える
対策② おしぼりなどで目を温める
脂腺の詰まりが解消→涙の表面に油の層がしっかりできる

目薬のさし方
タイミング…
・朝起きた時
・夜寝る前
さす時に…
・まつ毛に触れないように
・さしたら目を閉じて目頭をやさしく押さえる








スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です