テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」冬風邪予防新常識ウイルス防ぐ鼻対策&のどマッサージ・1月14日放送

投稿者: | 2019年1月14日

「モーニングショー」のメモ
○羽鳥パネル
冬風邪予防 新常識 ウイルス防ぐ鼻対策&のどマッサージ

スポンサーリンク

池袋大谷クリニック院長
大谷義夫先生
呼吸器内科・総合内科専門医
風邪・インフルエンザのスペシャリスト



◇空気カラカラで冬風邪が猛威!1月は要注意

大谷先生のクリニックでは…
1日あたりの患者数(先週1週間の平均)
インフルエンザ…4人
風邪…24人

この時期流行する風邪ウイルスは…
ライノウイルス…9~5月
コロナウイルス…11~3月
RSウイルス…8~12月
アデノウイルス…6~10月

200種類以上のウイルスの中で冬に一番多いのが…
ライノウイルス

流行時期:9~5月 →1月は重篤化するリスク増
感染場所:鼻
由来  :ライノはギリシャ語で「鼻」

感染のサイン
◎鼻が冷たいと感じたら要注意!

ライノウイルス対策
◎マフラーやマスクで鼻を温めることが大事
(33℃で増殖 37℃以上では増殖しない)


◇ウイルスから体を守る“3つの関所”を強化

“3つの関所”とは…
①鼻毛
②扁桃腺
③のどの線毛

のどがイガイガしたり痛みを感じるのは…
のどでウイルスを止め 炎症が起きている状態
(のどが腫れる…弱いのではなく止める力がある→強い)

せきはガマンしちゃダメ
→ せきはウイルスを排出するための防御反応

3つの関所でウイルスを排除できないと…
鼻やのどの粘膜から感染→風邪を発症

鼻毛は関所の番人なので…
鼻毛は抜くのではなくカットする


◇今すぐ実践!ウイルスの侵入を防ぐ鼻対策

口からウイルスの侵入を防ぐため…
◎鼻呼吸が大事

大谷先生オススメ対策
・鼻歌で自然と鼻呼吸に

子どもがよくやるNG行動
・鼻をほじらない
→ 指に付着したウイルスが接触感染するおそれ


◇のどマッサージでウイルス撃退!


①耳の手前(頬骨と耳の間くらい)に手のひらを当てて やさしくなでる
②あごの内側に両手の親指を当てて ゆっくり押し上げる
③あごの内側のくぼみに親指を当てて ゆっくり押し上げる
1日1度(時間はいつでも それぞれ10回程度)


◇変更点続々!風邪薬の新常識

風邪薬の新常識
(1)“ウイルス性の風邪”に抗生物質は効かない
おととし厚生労働省が示した指針
「感冒に対しては抗菌薬投与を行わないことを推奨する」
2017年6月厚労省「抗微生物薬適正使用の手引き 第一版」

大谷先生のクリニックでも…
・風邪の症状で薬は処方しない
患者が希望すれば 解熱剤などを処方することもある

風邪を引いた時は…
◎とにかく寝る
→ 7時間以上の睡眠

ウイルス性の風邪なら…
・1週間程度で完治する
(薬は飲まず寝る→完治しなければ肺炎の可能性)


(2)12歳未満は使用禁止
今年中に せき止め薬などに使用される成分「コデイン」
→ 12歳未満の子どもに使用禁止
コデイン+代謝酵素=モルヒネ →まれに子どもが呼吸困難になる副作用が報告

対象になるのは…
市販薬:新ルル-A錠s,パブロンゴールドA錠 など約600種類
医療用医薬品:約65種類


◇プロが判定!あなたの風邪対策

・風邪のときは湯船に入ってすぐ休みます(70代女性)
→ ○
湯船に入る(シャワーでOK)ことでウイルスを流す 熱すぎるお湯はNG

・風邪を引いたら着込んで寝てとにかく汗をかく(30代男性)
→ ×
汗をかいても脱水を助長するだけ 風邪対策にはならず

・風邪を引いたとき軽く散歩をする(60代女性)
→ ○
軽い運動は免疫アップ ただ激しい運動は免疫低下の可能性も








スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です