テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」ほどけにくい靴ひもの結び方・4月18日放送

投稿者: | 2017年4月18日

「モーニングショー」のメモ
○ショーアップ
なぜ靴ひもはほどけるのか?

※4月20日放送による訂正済み

スポンサーリンク

解明したのは…
カリフォルニア大学バークリー校
スローモーションで靴ひもがほどけるプロセスを撮影

結びの伝道師
結び文化研究所所長・小暮幹雄氏
「(ひもの)端末が振れるのでその振れ具合によって 走っている時にひもが振り子のようにだんだん外へと行って 最後にはほどけてしまうということになる」

靴ひもがほどけるのは
着した時に結び目にかかる重力×足を前後に動かした時にかかる遠心力

カリフォルニア大学 オリバー・オライリー教授
「二本のひもで作った結び目の強度を力学的に表す“魔法の数式”はいまだに発見されていません 今回の靴ひも実験はこの問題を解くためのスタート地点です」


◇結びの伝道師おすすめ ほどけにくい“結び方”



①右側からの青いひもを上にしてクロスさせ
②一度結ぶ(リボンを作る前の段階)
③両方のひも共に輪を作り
④青いひもを上にしてクロスさせ
⑤クロスさせてできた円に奥側からくぐらせ
⑥手前から抜く
⑦黄色いひもは手前側から円をくぐらせ
⑧奥へ抜く
⑨両側の輪を引っ張る
⑩完成

解く際は普通の蝶々結び同様 ひもの端を引っ張るだけ


◇靴ひも研究は今後何に役立つ?

・ほどけない傷の縫合
・断線しない海底ケーブルの開発





スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です