TBS「この差って何ですか?」文字が真っ直ぐ書ける人と斜めになっちゃう人の差・9月17日放送

投稿者: | 2019年9月18日

「この差って何ですか?」のメモ
○外国人がわからない日本の差
○できる人とできない人の差
○東京にはコレが無いので驚いた!

スポンサーリンク

○外国人がわからない日本の差

◇「餅」と「団子」の差

「餅」…原料の米が粒
「団子」…原料の米が粉
餅ができたのは縄文時代後期 団子は平安時代に誕生
米を粉にして1つにまとめたモノ→団粉(だんこ) 次第に「団子(だんご)」に

◇「ウソ」・「ホラ」・「ガセ」・「デマ」の差

「ウソ」…ありもしないことを事実のように言うこと
「ホラ」…嘘だと分かった上で情報を流す 相手を楽しませようとするウソ 語源は「ホラ貝」
「ガセ」…本当か嘘かわからないまま情報を流す 悪意がないウソ 語源は「お騒がせ」
「デマ」…事実と反すると分かっていながら相手の印象を悪くする情報を流す 語源はドイツ語の「デマゴギー」


○できる人とできない人の差

◇「ウインク」ができる人とできない人の差

ウインクが上手にできない人 100人中72人

ウインクがうまくできるかできないかの違いは…
表情筋の1つである目の周りの筋肉をうまく使いこなせているかがポイント
目を閉じる時に使う…眼輪筋
目を開く時に使う…上眼瞼挙筋
ウインクができない人は 上眼瞼挙筋が使いこなせていない→目を開く筋肉が重要

ウインクができない→両目を閉じる
閉じようとする目につられてもう片方のまぶたも閉じてしまう
目を開く時におでこや眉毛周りの筋肉に頼ってしまう

目を開く筋肉を使いこなすトレーニング方法
(1)目を開くトレーニング
①額が上がらないように手で抑える
②目の周りの筋肉だけで大きく(目を)開き10秒キープ
※おでこや眉の筋肉ではなく目を開く筋肉を意識!

もう1つのポイント
☆慣れ
人間の目は右と左別々に動かすことに慣れていない→片目だけを大きく開くという感覚をしっかりと体に覚えさせる必要がある
(2)片目だけまばたきするトレーニング
①片方の目を指で開き 逆の目でまばたきをする


◇字を「まっすぐ書ける人」と「まっすぐ書けない人」の差

字をまっすぐに書ける…52%
字をまっすぐに書けない…48%
※番組調べ

字をまっすぐに書くポイント
①紙の位置
②ペンの握り方

・紙の位置
紙を正面に置いて文字を書くと…
(手で隠れてしまう)字を見ようと無意識に体が傾く→字もナナメに傾く
◎正しい位置⇒右脇の延長線上を書きたい場所にする


・ペンの握り方
チェック方法
①普段の握り方でペンを持つ
②手の付け根を紙に固定
③できるだけ長くまっすぐ横に線を書く
→線が5cm未満の場合 ペンの握り方が間違っている可能性

×小指をぎゅっと握っている→手首の可動域が狭→短い線しか引けない
そのため… 小指が固定されていると手首が動かなくなってしまう→手首の位置をズラす→書く位置もズレていく
◎小指の力を抜く→手首の可動域が広→軸がブレずまっすぐ線を引ける


○東京にはコレが無いので驚いた!

東京都でみた出生地の割合
東京出身…54.4%
地方出身…45.6%

◇東京では路上で???が売ってなくてビックリ!(秋田県)
ババヘラアイス…進藤冷菓が男鹿市周辺で売るアイス

◇東京の冷やし中華は???をかけなくてビックリ!(愛知県)
(冷やし中華に)マヨネーズ…60年前に開発した冷やしラーメンがきっかけ→冷たい麺にマヨネーズをかけることが愛知で広まる

◇東京の七五三を???でやらなくてビックリ!(茨城県)
(七五三を)結婚披露宴会場…七五三は跡取りである長男のお披露目の場→昭和30年代の高度成長期に派手に→成田空港開港に伴うホテル建設ラッシュで住民に売り込んだ








スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です