TBS「ひるおび!」常識クイズ!どっちがホント?「誕生秘話」編Part32・9月8日放送

投稿者: | 2015年9月8日

○常識クイズ!どっちがホント!?
 意外と知らない「誕生秘話」編Part32


始球式といえば…空振り
Q1.始球式で空振りをするようになったきっかけはどっち?

 A 政治家が投手をつとめたから
 B ストライクが入らず試合が始められなかった


Q2.日本人初の特許はどっち?

 A 花火
 B 金魚


スポンサーリンク

【正解】
Q1.
A 政治家が投手をつとめたから

日本初の始球式
・1908年(明治41) 早稲田大学野球部vsリーチ・オール・アメリカン(米・メジャー選抜)の親善試合

・始球式をつとめたのは政治家で早稲田大学創設者・大隈重信氏

・打者は早稲田の学生 大隈氏が投じた一球は…ストライクゾーンを大きく外す一球
すると早稲田の打者は…

「(大隈先生に恥をかかせるわけにはいかない…)」
・機転を利かせわざと空振りしストライクに!
→ 投手役に敬意を表す行為として「始球式は空振りするもの」が定着

アメリカ初の始球式は…
1910年(日本初の始球式から2年後)のウィリアム・タフト大統領
・体重140キロもある大統領の運動不足を心配した側近が「痩せさせよう」と企画したことから始まる


Q2.
A 花火

・1885年(明治18) 日本で特許制度スタート
↓ (その2年前)
・1883年(明治16) 米国で特許を取得した日本人が!

花火職人の平山甚太氏
・化学薬品を使用した複数色の「西洋花火」を日本で最初に作り始めた人物

平山氏が米国で取得した特許は…
「Daylight Fireworks」=「昼花火」
・昼に打ち上げる花火で 花火が炸裂すると 中からは和紙で出来た人形(約2m)が飛び出し ふわりと空中を漂うものだった
 昼花火②

・当時 平山氏は英国人に見本を渡したところ 偽物が作られ商売に支障をきたした
英国で特許を取得しようとしたが 取れなかったため 商売のターゲットを米国に移し 米国特許を取得


・解説
作家・雑学王
唐沢俊一さん












スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です