TBS「ひるおび!」常識クイズ!どっちがホント?「天気常識」編Part33・7月21日放送

投稿者: | 2015年7月21日

○常識クイズ!どっちがホント!?
 意外と知らない「天気常識」編Part33


Q1.梅雨など長雨のあとの晴れ間に現れるのはどっち?

 A 赤い海
 B 青い山


エンマコオロギ…変温動物のため 気温とともに活動が活発になったり鈍くなったりする
コオロギ気温算定法
アメリカのヴァングリープという科学者が発見 15秒間に鳴く回数を数えることで気温がわかる

Q2.低気圧が来るのを予測できるのはどっち?

 A キリン
 B ワニ


スポンサーリンク

【正解】
Q1.
B 青い山

 青い山

青い山の正体
樹木からは「テルペン」という揮発成分が出ており 集まると太陽光の青い光だけを散乱させる → ブルーヘイズ現象
[注意点]
排気ガスなど空気中の汚れと結びつきやすい → 青く散乱しない
長雨のあとは…
雨が空気中の汚れを地上に落とす → 空気がキレイ

その他にも…
 赤い雪・青い氷
赤い雪(ウォーターメロン・スノー)…赤氷藻(せきひょうそう)という藻類が大量発生して雪を赤くする
青い氷(ブルー・アイス)…年月をかけて氷に含まれる空気がなくなり青い波長だけ反射


Q2.
B ワニ

ワニで雷注意報
鳥羽水族館で飼育されているミシシッピーワニ(北米産)は 低気圧が近づくと鳴き声を発し 水中に逃げ込む → 雷注意報に
 ワニで雷注意報

日本爬虫両棲類学会 ワニ類研究家・青木良輔氏
「ミシシッピーワニが生息するフロリダ州はハリケーンが多く 気圧の変化から危険を察知して 水中に逃げ込む」


・解説
気象予報士
森朗さん









スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です