TBS「ひるおび!」常識クイズ!どっちがホント?「誕生秘話」編Part29・6月9日放送

投稿者: | 2015年6月9日

○常識クイズ!どっちがホント!?
 意外と知らない「誕生秘話」編Part29


Q1.日本初の「輪ゴム」は何のために誕生した?

 A 農作物を束ねるため
 B お札を束ねるため


日本初の地下鉄
1927年(昭和2) 東京地下鉄道(現・東京メトロ銀座線) 上野-浅草間2.2キロを結び開業
そこで…
Q2.1927年(昭和2) 日本初の地下鉄ですでに導入されていたのはどっち?

 A 発車メロディー
 B 自動改札機



【正解】
Q1.
B お札を束ねるため

輪ゴムの始まり
・1820年 イギリスでゴム製の袋を輪切りにすることで 靴下や服の袖を留めるのに利用できると考えられたことが始まり
日本初の輪ゴムは大正時代に誕生
・国内輪ゴムの大手「共和」の創業者 西島廣蔵氏が銀行関係者から「紙幣を束ねるバンドを作ってほしい」と頼まれ 自転車のチューブを輪切りにしたものを考案

多くの銀行で採用されたが難点も…
自転車のチューブでは…
チューブの黒色が紙幣に移り汚してしまったり 伸縮性にも欠けていた
銀行から更なる透明性と伸縮性を求められ…
・天然ゴムと硫黄の比率や添加剤を研究し 1917年(大正6) 世界で初めて あめ色で弾力のある輪ゴムの開発に成功
一番古い記録では…
1953年(昭和28) 1箱100円(当時ラーメン1杯35円)
・高価なものであったが 家庭や業務用の必需品として高度成長期に広く流通


Q2.
B 自動改札機

1927年(昭和2) すでに自動改札だった地下鉄
ターンスタイルの自動改札機
10銭硬貨を入れると木製のバーが回転し入場できる
・開業当時 運賃は10銭均一だったが 4年後 区間制運賃導入により撤去

日本初の地下鉄よりも前に東京駅に“地下鉄”が存在!?
1915年(大正4) 東京駅から東京中央郵便局間の約200mを郵便専用の地下鉄が走っていた

導入された経緯(推測)
当時 通信手段のメインだった郵便物を地上の人や馬車から避け 早く効率的に運ぶための手段として作られた

その後 線路は撤去され 電動けん引車で運搬
1978年(昭和53) 東京駅発の郵便輸送の廃止に伴い閉鎖となった


・解説
作家・雑学王
唐沢俊一さん











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です