TBS「健康カプセル!ゲンキの時間」太っているのは意識の問題!?デブ脳をヤセ脳に変える方法・4月5日放送

投稿者: | 2020年4月5日

「ゲンキの時間」のメモ
○太っているのは意識の問題!?デブ脳をヤセ脳に変える方法


あさの金町クリニック 院長
医学博士 浅野次義先生

◇デブあるある

・太っている人を見ると安心する
・背中がかけない
・床に落ちた物を足で取る
・自分の写真を撮らない
・お菓子を開けたら1回で1袋食べきる

→ 1つでも当てはまるとデブ脳の可能性


◇デブ脳の正体

食べたい…欲求
美味しいと感じる…満足
互いにバランスを取ることで 必要な分だけ摂取

しかし 食べることが大好きな人は…
食べたい“欲求”が高まる一方 食べた“満足”は感じにくくなり 食べ続けてしまう
負のスパイラル→デブ脳の正体


◇デブ脳をヤセ脳に変えるテクニック

◎食事中にお箸を置く
食事のスピードが緩やかになり噛む回数が増
味を実感でき 脳が満足感を得る→食べる量が少なくなる

◎お菓子の袋の匂いをかぐ
思い切り匂いをかぐ→深呼吸
脳から満足感を促すセロトニンが分泌→食欲を抑えてくれる

◎ヤセた人と外食に行く
ミラーニューロン…目の前の人の動作や考えを自分に写し取る脳細胞
ヤセた人と食事をすることで 食べるスピードや量が同じになる→食欲が抑えられる

◎食べる以外の行動をする
食べたい意識が別の方向に向かうと 食べる行動に結びつきにくくなる→食欲が抑えられる

※(炭水化物を)全く食べないのはNG
炭水化物(糖質)は身体と脳のエネルギー源
→ エネルギー消費の少ない夜に炭水化物を減らした方が良い


◇買い物でのヤセ脳テクニック

①お守りのアタリメ
空腹で買い物に行っても「お腹が減ったらこれを食べよう」と心に余裕ができ食欲が抑えられる
→衝動買いが少なくなる
噛む刺激でも脳は満足を感じる

②糖質をチェック
栄養成分表示の糖質の数値を他と見比べる
→具体的な情報を知ることで自分に有利な行動を取る

③調味料を小分けの物に変える
通常のサイズだと罪悪感がなくたくさん使ってしまう
→小分けした物だと摂取が控えられる


◇今朝の処方せん

そのデブ脳 意識一つで いざデブNO!


より詳しくは… 番組サイトへ
https://hicbc.com/tv/genki/archive/200405/







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です