日本テレビ「バゲット」眼科医が伝授する目を守る3つの対策・10月27日放送

投稿者: | 2020年10月27日

「バゲット」のメモ
○眼科医が伝授! 目のトラブルを防ぐ方法
頭痛・肩こりも招く目の不調 涙液トラブル
眼科医が伝授する目を守る3つの対策


ハーバード大学で目の研究をした
ケイシン五反田アイクリニック
院長 内野美樹先生


涙液トラブル
涙の不具合で起こるドライアイ・視力低下などの目の不快症状
放っておくと… 肩こり・頭痛などを引き起こす事も!


◇涙液トラブルの原因

(1)涙の量の減少
現代人はスマホなどの見過ぎで目が乾燥→涙の量が減っている
(2)涙の質の低下
乾燥から守る油層ととろみ成分のルチン 成分バランスが悪い→涙液トラブルに


◇涙液トラブルチェック

①コンタクトレンズを使用
②毎日スマホやパソコンを1時間以上見続ける
③目がかすむ
④目がショボショボする
⑤目が痛いことがある
⑥まぶたが重たい感じがする
⑦目を10秒以上開けていられない

→4つ以上当てはまると 涙液トラブルかも!


◇涙液トラブル対策

涙の乾燥を防ぐ油分(脂質)を増やすため…
(1)蒸しタオルで目を温める

蒸しタオルの作り方
①濡らしたおしぼりタオルを絞る
②耐熱皿にのせ電子レンジで温める(500W:約30秒/600W:約20秒)
→38~42℃になる
※熱すぎないか持ってご確認ください
◎目にのせるのは1日5分
※数分で冷めるので途中で2つ目を温めておく
☆1日2回(朝と寝る前)が効果的
※アレルギーで目がかゆいときやまぶたが腫れた時は中止してください

涙のとろみを増やすため…
(2)サケを食べる

DHA・EPA→白目の細胞を活性化しムチンを増やす
(サンマもDHA・EPAを含むが…)
◎サケに含まれるアスタキサンチンは血流を良くして 目の疲れを軽減してくれる効果がある


涙の量を増やすため…
(3)腹式深呼吸

リラックスして副交感神経が活性化→涙の分泌が促される

涙が出やすくなる腹式深呼吸法
①お腹を膨らませながら4秒で鼻から息を吸う
②お腹をへこませながら6秒で(口をすぼめて)口から息を吐く
◎1日3分行うと効果的
☆ゆっくり吸って吐くことが大事







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です