日本テレビ「バゲット」すぐにできる!疲れにくい体のつくり方・4月23日放送

投稿者: | 2019年4月23日

「バゲット」のメモ
○すぐにできる!疲れにくい体のつくり方
医師が解説 食事・入浴・睡眠

スポンサーリンク

女性専門の疲労外来
内科医 工藤孝文先生





◇疲れにくい体をつくるには?

【朝食】
オススメは?
A.食パン
B.バゲット

【正解】
B.バゲット
食パンに比べて硬い ポイント☆よく噛む
バゲット(硬めのパン)…かむ回数が増え食事の時間が長くなる
→ 消化・吸収がゆっくりと進み血糖値の急激な上昇を抑える
よくかんで食べると… 内臓脂肪の燃焼を促すセロトニンが分泌
→ 肥満の予防につながる


【朝食】
オススメの飲み物は?
A.牛乳
B.コーヒー

【正解】
A.牛乳
牛乳…“睡眠ホルモン”メラトニンのもとになるトリプトファンが豊富
摂取後14~16時間かけてメラトニンに変換
ホットミルク…体温の放出を促し寝つきがよくなる→副交感神経が優位になりリラックス効果も


【家事中】
疲れない体につながる顔の表情は?
A.口角をあげる
B.目をパチパチさせる

【正解】
A.口角をあげる
笑うとセロトニンを分泌(口角を上げるだけで)
セロトニン…疲労感を生み出す活性酸素の除去を促す


【夕食】
疲労回復につながる食べ物は?
A.鶏のむね肉
B.鶏のもも肉

【正解】
A.鶏のむね肉
鶏のむね肉…疲労感を効果が期待できるイミダペプチドが豊富
最強コラボ!
むね肉+レモン→相乗効果で疲労の回復力がUP!


【入浴】
疲れをとるのに効果的な入浴法は?
A.寝る1時間前に38℃
B.寝る2時間前に40℃

【正解】
A.寝る1時間前に38℃
お湯が熱いと交感神経が刺激され脳の働きが活発に


【就寝前】
疲労回復や不眠解消につながる飲み物は?
A.お湯出し緑茶
B.水出し緑茶

【正解】
B.水出し緑茶
カフェイン…温度が高くなるほど多く抽出
→ 水出しにすると抽出される量を抑えられる


【就寝】
質の良い睡眠をキープする方法は?
A.左側を下にして寝る
B.右側を下にして寝る

【正解】
B.右側を下にして寝る
横を向く→気道が確保されいびきを防止
右側が下→胃に負担がかからない

◎理想的な睡眠時間は7時間
細切れでもOK










スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です