NHK「あさイチ」東洋医学でリフレッシュSP・4月20日放送

投稿者: | 2020年4月21日

「あさイチ」のメモ
○心も体も! 東洋医学でリフレッシュSP


ツボとは…
・体の痛みや不調があらわれやすい場所
・鍼・灸・指などで刺激すると不調が和らぐ
・WHOが361か所を認定


◇リフレッシュしたい時のツボ

合谷(ごうこく)
親指と人差し指の骨が交わる所から少し人差し指よりで 押すとちょっと痛気持ちいい場所
(両手やった方がいい)


ツボ押しの極意(他のツボでも同じ)
・印鑑を押すくらいの力でゆっくり押す
・5秒押したら5秒休む
・繰り返すのは3~5回


◇女性の万能のツボ


三陰交(さんいんこう)
内側のくるぶしから指4本分
→ 両脚3回ずつ1日に2回 指でゆっくり押す

関元(かんげん)
おへその真下指4本分
→ カイロで温める

腎兪(じんゆ)
背骨から指2本分
→ カイロで温める


◇イライラや風邪の予防に

百会(ひゃくえ)
両耳を結ぶ線と顔の中心の線が交わる所 頭のてっぺん
→ 人差し指や中指で押す


頬車(きょうしゃ)
口をぐっと噛みしめたときにできる膨らみができる部分
唾液が分泌されウイルスなどから守ってくれる効果


◇手洗いの時に押すといいツボ

労宮(ろうきゅう/手のひら)・内関(ないかん/手首から少し肘より)
ストレスの改善に



◇食欲を抑える 耳のツボ

飢点(きてん)・神門(しんもん)
満腹中枢を刺激→食欲を抑える効果



◇簡単リラックス! ヨガの呼吸法

ポイント
☆手は肋骨に添える
☆鼻で呼吸する
☆息をゆっくり吐く(吐く時間を長く)


①息を吐きながら背中を丸めていく
②体をゆっくり起こしながら息を吸う
10回繰り返す


◇舌の清掃でおなかの調子を改善

アーユルヴェーダ

新型コロナウイルス対策にも…
感染したとしても重症化のリスクを減らせる

舌清掃
専用のブラシ または 柔らかいタオルなどを指に巻く
・舌の奥から先に向かって2~3回ふき取る
1日2回 朝起きてすぐと寝る前
※歯ブラシでは舌を傷つける恐れがある


参考 番組サイトへ
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/200420/1.html







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です